読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

講究録

非常勤で研究を続ける方法

LaTeX

理科系の分野ではLaTeXが使われることが多いです。

工科系だとWordで済んだりするようですが、数式の打ちやすさと美しさを考えるとどうしてもLaTexになってしまいます。レポートや研究内容をまとめたり、非常勤先のテストの問題を作ったりするのに使っています。人によっては履歴書や名刺、プレゼン資料もこれで作っているとか。

LaTeX - Wikipediaについてはリンクを参照していただきたいのですがざっくりいうと組版ソフトということができます。図や式、表などのレイアウトはひとまず考えずに文章を作ることだけに専念すると後でコンパイルするだけで図表の入ったpsファイルやpdfファイルを作ることができます。ほぼフリーでできるのがありがたいところです。数式とか太字とか書体を変えたり記号を出したりするには独自の書き方がありますが、使っていくと慣れます。

 

Windows版だと私はTeXインストーラ 3となんらかのテキストエディタコンパイルには作ったもの,書いたもの,他の中のTeXShell2を使っています。テキストエディタ

xyzzy - カスタマイズ可能で軽快な Windows 用テキストエディタまたはサクラエディタ Downloadを使っています。ほとんど何にも考えずにインストールして使えます。

 

MacではMacTeX - TeX Wikiテキストエディタになりますが正直そちらではあまり使いこなせていません。もっとこなせるようになりたいのですが。テキストエディタmi - テキストエディタはviを使ってます。WindowsMacでは日本語の文字コードが違うので注意が必要です。

 

TeXを初めて使う方やこれから使いこなそうという方には

をお勧めします。あとは上にも挙げましたTeX Wikiを参考にすれば大概のことはできると思います。